読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝る

つねに眠い

1347 文字

面接惨敗した。
一次面接はよかった。
企業に向かう電車の中で「面接はアイドルになった気持ち挑め!」「いかに握手会で釣れるか、がキモなところは同じだ!」みたいな記事読んで、うわ!まじでそうだわ!って思って、一次面接はとにかく「私はみるきー(元NMB48渡辺美優紀さん 握手対応が神な方)よ!」みたいな気持ちで頑張ったんだけど、釣れすぎたのか、そのあと即「二次面接いきましょうか」みたいに言われて、一気に人が増えて、疲れと混乱で志望動機すら言えなくなって、まじで、死。
そのあとクレペリン検査して、この検査の結果がどうであれ私は不採用なんだって思ったら目が回って、帰るときに「結果は一週間以内に連絡しますね」って言われて「不採用ですよね?このあとすぐに送ってください」って言いかけてさすがにやめて、閉じかけるエレベーターの中で必死にお辞儀して、どうせ落ちるんだとか思っても、もしかしたらって思う気持ちもあって、ぼうっとビルから出て、駅の場所なんてわかんないから適当に歩いてたらドトールが見つかって(東京はすごい)、アメリカンコーヒー頼んで、普段なら入れない砂糖とクリームを全部入れて、ほぼカフェオレのお湯割りを飲みながら、グーグルで「面接 お礼 メール」で検索して、一番上に出てくる例文をほぼそのまま送って、落ち込むだけ落ち込んだらなんか元気が出てきた。
歩きたい気分だったから、googleで大きい本屋さん探したら、30分あれば六本木の青山ブックセンターに着くみたいだったから歩くことにして、面白いくらい急な坂とか、いい感じとしか言いようのない小道なんかを選んで歩いてたら愉快な気持ちになって、私これからもがんばれるわ〜とか思った。六本木のドンキの店頭には水素水が積んである。
ほんで青山ブックセンターに着いたら、入り口から記事も面白ければデザインも美しい本がたくさん、たくさんあって、私はさっき面接で「ほんとは雑誌が作りたかった」って言って、なのに雑誌を作る人にならなかった理由を聞かれて、なんかもう泣きそうになったのを思い出して、私は雑誌を作る人にもなれないし、事務員にもなれないし、志望動機すら言えない私はなににもなれないのでは、と思ったら辛くて、ああーってなって、走り出したい気持ちになったけど、それすらできずにただただ立ち読みしてしまった。

迷って迷って結局5千円分くらい本を買って、地下鉄のって最寄りの駅に着いたら、外は小雨が降ってて、傘を持っていなかったからできるだけ屋根がある道を選んで家まで帰った。

家に帰って本屋のビニール袋をベッドの脇において開こうともせず、ただtwitterとか観ながら時間を消費していたら、小林さんから連絡があったので傘持って駅まで迎えに行って(外の雨は少し強くなってた。駅までの道の途中で、濡れて帰ってるお姉さんがいたから傘をあげようって思ったんだけど、声かけられなくてやめてしまった)、コンビニでアイス買って帰って食べた。

 

 

という昨日でした。

今日はなんかぼうっとしてたら終わってしまっていた…。

明日からまた就活がんばるよ〜がんばりたくない。するっといつの間にか仕事が決まってないもんかね。

今まで自分は面接に強いタイプだと思ってたので、ちょっとショックだな…。

 

寝る。

もらった手紙の字がキレイで、誰が書いたんだろうって、なあ

彼氏に前髪切ってもらったイエーイ!

25歳なのに前髪ぱっつんになっちゃった。25歳なのに前髪ぱっつんはイタイかと思って伸ばそうとしてたんだけど、

髪が直毛すぎて巻いてもスプレーしてもアイドルみたいにくるんってならずに墓場鬼太郎になるので、切ってもらった。書いてて気づいたけど、アイドルの前髪を目指すほうがぱっつんよりイタイから切ってよかったのかもしれんな。

 

就活が思うようにすすまなくて、健康なのにお布団でだらだらしてるの罪悪感がわくので、今だったら風邪ひきたい。免罪符〜〜〜〜

 

寝る。

にしのかなさん聞いて別人格作ってがんばれ私

しゅ、しゅうかつぅ〜…

生きるためにがんばんなきゃ、と思いつつ(自分に言い聞かせつつ)、いや生きるために〜レベルだったら正社員じゃなくていいし、育休産休取得実績ある会社じゃなくていいし、そしたら受かりそうな会社なんていっぱいあるけど?、と思いつつ、でもそれでも私は次はこういう感じのところがいいっていうのがあるもんね?こういうのがいいっていうんじゃなくて、こういうんは嫌っていうのがあるもんね?みたいな感じで自分をはげましつつ、求人情報サイトを見ては落ち込み、本屋に行けばこんなにたくさん今週も本が出版されてるのに私の本は一冊もないのだ…ということで落ち込む。

しゅ〜〜〜かつぅ………。

 

低気圧で頭が痛いと何もする気おきなくなる。

 

寝ましょうね…

店の点数をぼやっと眺める午前なんとか時

この前受けた検定、受かってました〜〜!私!えらい!えらい!!!

あとは今月末に簿記の試験を受けて、資格取得キャンペーンは終了、そのあと地獄の就活キャンペーンが始まります…。

就活のなにが嫌って、否定された気になることや、履歴書代や証明写真代や交通費で地味に出費が痛いこともさて置き、慣れない靴とストッキング(肌色)と鞄なんだよな…。

新卒じゃないからそんなにガチガチなリクルートな格好しなくて良いのかな。

真っ赤に靴擦れしたかかとを想像するだけで、げんなりする。はあ〜〜。

とりあえず簿記頑張ろう。

 

 

コーヒー一杯飲んだくらいで眠れなくなっちゃった夜、ツイッターするのも考え事するのも疲れちゃったので、春になったら行きたい場所でも検索してリストアップでもしようかなと思ったんですが、

春のイメージがマジで忘却の彼方、春といえばって連想ゲームしようとしても花見くらいしか出てこなくて、しょうがなくツイッターで「春 いきたい」で検索した。負けた感じ。

行きたいところすら想像できんくなって、他人のものをもらってくるなんて、悲しい〜〜とか思ってたら寝れた。

 

春になったら苺のショートケーキ食べたい…と思うのは、お花見の時期にショートケーキをよく見るからだろうか。

早ければ来月ごろには桜が咲いてる、と理解はできるけど実感がわかないな。

コートのない服装とか忘れちゃったや。

 

 

今日はたくさん寝ます。

初恋サンラ〜〜イズ

インターネットの人と、会いたいと思った時に会えるようにダイエットしようと思った。

インターネットの人、りある世界でたまに座標重なりそう、いや声かけたらリプライ送ったら間違いなく重なる、ってとき、インターネット上の「藤野」のイメージ壊したくなくて会えないことばかりだ。

「藤野」のイメージって、そんな大層なものではないし、現れたのがデカイぱっとしない女だったとしてもさして影響はない、とわかっていても、やっぱり会えない。

自分に自信がなさすぎて、会った瞬間「あ、こういう人なんだ」って落胆されたくなくて、そういうこと思っても顔に出す人じゃないってわかっていても、やっぱり会えない。

会えそう、ってときに「せめて細いスキニーが履ける脚だったらな」って鏡に映る自分の脚を見て悲しい気持ちになってやめるので、せめて細いスキニーが履ける脚になりたい。

ということでダイエット開始する!めざせスキニーが履ける脚!

 

 

明日は今月受ける二つのうち一つ目の検定の試験日!

軽く復習して寝る。おやすみ。

私が私の手帳見てびっくりする

12月の私は何してたの、何で私は今この勉強してんの、ってくらい自分でもゾワッとなるレベルの計画のなさで、今年になってからいきなり資格や試験の予定を入れまくって勉強している。

二月は大きめの資格試験が二つあるので、小さめの検定を今月中に頑張って受けて受かりたい所存…。

 

ロッテリアでもそもそポテト食べてたら、隣の男子高生が「明日何人学校来ると思う?」「早く学級閉鎖になってほしい」などと話していて、おい、そんな状態で飲食店来るのやめてくれ〜〜!ってなった…。

もしうつってたら早く発病してくれ〜〜!試験直前に発病だけは勘弁してくれ〜〜!もしもう感染してるなら潜伏せずに表に出てきてくれ〜〜!

もはやもう気にしすぎて体調が悪い。思い伝わって潜伏終わったのかも。

 

発車直前の電車の中で隠れてこっそりチョコレート食べたら、向かいのホームにいた金髪の兄ちゃんと目が合うなど、の日々。

今週の目標は、きちんと勉強する。でも睡眠時間を疎かにしない。

 

うわ〜〜本当に気持ち悪い気がしてきた。知らんぷりしよ…。病は気から…病は気から…。

寝ない、けど、おやすみ。

好きな人の本棚、見たいよね

なーんでお金ないのに本屋に行くと買っちゃうんだろう…。と思うけど、答えは簡単。

「別に無駄遣いしてるわけじゃないんだし、未来への投資と思えば大丈夫!」

「ここで買い逃したら返品されちゃうかもしれないし、売り切れたらもう重版かかんないかもしれないし、一生出会えなくなってしまうかも!」

などと、言い訳を並べてレジに向かっちゃうからです。

しかし過去にそうやって金欠時にも関わらず購入した本が投資され、いま何かの役に立っているかと言われたら、まあ、無言。

 

帰って来てから買った本を本棚に並べようと思ったらぐちゃぐちゃだった。ので、整理してたら読んでしまう読んでしまう…。

電車の中では何を読んでるかバレたくないので書店でつけてもらったカバーをつけてるんですが、本棚にしまうときはどこに何があるか把握したいのでカバーを外す作業…中にいちいち読み返し、

あと数ページで読み終わるのに忘れたまま本棚に押し込んでた本が何冊も出て来たのでそれも読んでたら、まーーあこんな時間です。

なんで連休の最終日の夜に読みたい本がたくさん見つかるんだろう…。

 

そういや二十歳くらいのときは、本棚の整理をよくしていたな…。作家ごと発行日ごとに背の高さも揃えて並べていた。それがめちゃくちゃ楽しかったのだよね。

あの情熱を失ったいま、本棚はただの本を置く場所と化し、差してればまだ頑張った方と見なされるレベルには山がたくさんできているな。

二十歳のころの自分を派遣してもらいたい。

 

二十歳といえば、妹が今年成人式を迎えたよ!

振り袖似合ってたよ!

めでてえ〜〜。子供を二人も成人させるまで育てた両親は凄いな。

 

 

明日は学校なんだから早く寝なきゃ…寝る。