読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝る

つねに眠い

音がするんだって

◯この時間にメロウな音楽聴いて、手動で手軽にセンチメンタルな気分になるくらいは余裕出てきたな。

 

◯中学生の時とかあんなに毎日 alfooに何書いてたんだろ。

 

◯ゼムクリップを床に大量に落として、拾いながら、そういや明日雪降るんだなあって思った。

 

◯私もジップロックiPhoneいれて風呂に持ってくけど、ずっと2ちゃんねる見てるよ(私信)

 

◯やめたいことはやめよう!と思って、とりあえず2ちゃんねるを見る時間を減らすことにした

 

◯雪の夜ってどんな音がしたっけ

 

◯だれもいないmixiコミュニティーをのぞいて、解像度の低い自撮りをあげる女の子のアカウントに足跡をつけてみる、など

 

◯だれも私のアカウントに足を踏み入れてないんだろうな〜と思ってあしあとページをのぞいてみたら、

10月27日に魚類二重染色透明骨格標本コミュニティーから誰かが踏みにきてくれてた。

どうぞ踏みしめてって。

 

◯もっと、言葉遊びとかして、全てのことに意味なんかないような顔して遊んで誤魔化してたいんだよな〜〜〜〜今日あったこととか書くの下手だ私

 

 

寝るね

ちょっと〜私まだ清竜人25に加入してないんですけど〜!

今朝、地震で起きて、その地震で311のことを思い出して、怖くなって隣で寝ていた彼の手をぎゅっと握った(たまたま彼の家に泊まっていた)。

私は幸いあの日に知り合いを誰も亡くさずにいれて、あの瞬間に家に居たのでとくに帰宅難民にもならず、ただただ家でテレビから目が離せなかったくらいなのだけれど、それでも今朝の地震であの日NHKで観たとんでもない映像が蘇ってきて怖かった。

おさまったり余震があったりしてるときに眠気がさめてしまったのでツイッターをのぞいてみたら、同じような人が居て、安心して、二度寝した。

こわいから今後は揺れないでね…頼むね…地球…って感じだ…。

 

部屋でぼうっと音楽聞いてるのも、Chillってるって言えばなんか格好良いね。

 

風呂入って寝る。

五年後の私は何してるのとパソコンに尋ねてみるの

父が亡くなって、二ヶ月あまりが経った。

最近になってやっと…というと変だけれども、ふとした瞬間に父との思い出を思いだして泣きそうになってしまうことが増えた。

今まではただ目の前にあることをこなすことと、父が居ない毎日に適応するので精一杯だった。

けれども、最近やっとそんな毎日に慣れてきたのか、車を運転しているとき、ふと「そういえばこの道、お父さんの運転で通ったことあるな」と思い出したり、自室で昔読んだ小説を読み返しているときに「この本、家族全員で本屋に行ったときに買ったんだったな」と思い出したりしてしまう。

夜中にリビングに行くと、前だったらこたつでそのまま寝てしまった父のイビキが聞こえたのに、今はしんと静まり返っている。

そういうのが、つい最近までは平気だったのに、急に辛い。

 

そういうのを思い出すたびに、「なんで私が結婚するまでは生きてくれなかったのよ」と思うし、「せめて孫くらい見てくれてもよかったじゃん」と思うし、「お母さんと老後を楽しんでほしかったなあ」と思う。

もしも、で想像できる未来は、現実には起こらないんだと思うと悲しくて苦しい。

 

よく思い出すエピソードがある。

4年前、付き合いたての彼氏の家に入り浸りになってあんまり家にかえらなくなってたある日、父から電話があった。

あまり父と折り合いのよくなかった私は、帰らないことをひどく怒られると思って、恐怖心から逆ギレのような状態で電話を受けた。

しかし、そんな予想は外れ、いつも通りの明るい声で父は「今日は帰ってくるか?」と聞いた。

私は拍子抜けして、ちょっと気まずくて、とりあえず今日は帰ることを伝えて、電話を切った。

となりで会話を聞いてた彼氏に今日は帰ると伝え、親に反抗しているところを見られてしまった…と自分の子供っぽさに恥ずかしく思っていると、彼氏が「お父さん、いい声だね」って言ってくれた。

気まずそうな私に対して、優しさで言ってくれたのかもしれない。

でも、その言葉がなんか面白くて、気恥ずかしくて、でも誇らしくて、うまく言い表せないけど嬉しくなったのだった。

このことを父には伝えなかった。結婚することがあれば、彼氏が家に来たときに言おうかななんて思っていた。でも、言えなかった。言えばよかった。

父が亡くなってから言えばよかったなあ、と思うことが色々あって、これよくネットの感動話で見るやつだ…と思った。

大多数の人が感じるであろうこの後悔を自分もしているんだと思ったら間抜けだと思ったし、大抵こういう話でまとめとして扱われる「伝えられるうちに伝えたい事は伝えよう」と本当に思うようになった。いままで散々読んできたくせに、本気で思ったのは初めてだ。馬鹿だなあ、と思う。

 

 

ライターの雨宮まみさんが亡くなって、ネット上が大騒ぎになっている。

こういうことがあった、とエピソードを話す人。

こういう人だった、と人柄を褒める人。

一緒に仕事がしたかった、と悔やむ人。

いまそういう文章を読んだら絶対必要以上に引きずられてしまう、と思うのに読んでしまう。

雨宮まみさんの著書は何冊か持っているし、大好きだし、前勤めていた本屋でも一生懸命ポップを書いて売ろうとしていた。微力だとしても売上の力になりたい!と思うくらい好きな人だった。

でも、雨宮まみさんが亡くなってしまって悲しい、と思えば思うほど、父が亡くなって悲しい、ということに繋がってしまう。

いまの私にとって、悲しいことの全ての終着が、父が亡くなって悲しい、なんだと思う。

人が亡くなるって、悲しいよなあ、と小学生のようなことを何度も何度も思う。

悲しいし、この悲しみからは一生開放されないのだと思うと軽く絶望する。

絶望して、また新しい追悼文を読んで、悲しみに同調して、こんなブログを書いてしまう。

 

次のブログからは明るくいきますね!今回は湿っぽくてすみません!と、書ける人間だったらよかったのになあ、と思う。

そういう人間じゃなくて、よかったな、とも思う。

とりあえず、生きる。

寝る。おやすみ。

お香を焚くと、部屋が燻されてると思ってしまう

伸ばそうって頑張ってたのに全く伸びなかった髪を切った。

ばっさりショートヘア。二十歳のときと同じような長さにしたのだけれど、五年経っただけで顔が大きくなり更に伸びたのがハッキリわかって辛かった。知りたくなかったよそんなこと〜。

でも、切ったその日も今も、やっぱり伸ばし続ければよかった!って思ってないから、きっと切って良かったんだろうな…。伸ばす努力に飽きたし疲れたんだと思う。

 

 

部屋に転がってたUSB二つ、これなに入ってるんだろうと思って中身を見たら、一つは前の仕事でしてたプログラミングの研修内容、もう一つは昔文学フリマに出した掌編のファイルだった。

なんか、もっと身悶えするような忘れてた、忘れたかったファイルとか出てくると思ってたから拍子抜けした。

もうどっちのファイルもいらないから消そうかな〜と思ったけれど、

もしかしたらいつか身悶えするような忘れたかったファイルになるかもしれないのでとりあえずそのままにしておいた。

どうせならボイスメッセージでもいれて忘れたいファイル作成しちゃおうかなって思ったけど、何かの拍子に第三者の手に渡って辛い思いをしたくないのでやめた。まあ、掌編のデータもだいぶ床をゴロゴロ案件かもしれないけれども…。

結局中身より、USBにつけてためんたくんのマスコットが一番心をざわざわさせたな。

f:id:nekoze16g:20161107225748j:image 

 

お風呂に入って寝ます。おやすみなさい。

膝の上、たいてい青紫色の痣できてるのなんでよ

無事11月になったので心置きなく暖房をつけている。

暖かいって過ごしやすいな…と、原始人みたいなことを思っている。

 

 

大人なんだから、行きたいところに行けるし、選択するのは私だ、と思っていたはずなのに、ここ数ヶ月間のごたごたがやる気とかそういうんをすっかり奪っていたみたいで、もう色々どれでもいいよ、みたいになってた。

だけど、いまやっと、時間がかかってしまったけれども、未来のことをひとつ決めようとしているから、少しずつ前向きになれそう。

穏やかな気持ちな夜が久しぶりな気がして、泣きそうだ。

 

 

実家の本棚にたくさんあるスタジオボイスとかエイチ、専門学生時代にデザインが好きでひたすら集めたけれど、本当のところ中の記事はあんまり読んでない。

これを学生のときに全て読んでいたらものすごいサブカル人間とかになれて人生変わったりしてたのかなー、とか、実家に居るとすぐ考えちゃうね。

とりあえず、いまからでも文化の香りのする人間になりたいので読もうか。

 

 

本棚に読みかけの本がたまってる。

寝る前にどの本を読もうか悩むのが幸せ。

寝る。おやすみ。

ネルの

あと十数分で十一月になってしまう、と気づいてしまって、ぼうっとパソコンの時間表示を眺めてしまった。

さっきまで友達と会っていて、楽しかったからか、帰ってきた部屋が出ていったときより寒く静かに感じられてすっかり寂しくなってしまった。

暖房くらいつけよう、と思ったけれど、なんか、それも躊躇してしまっている。

なぜ躊躇しているかと言うと、暑いのは服を脱ぐにも限界があるし、冷房をつける以外どうしようもない、だからつけてOK、みたいんあるけど、寒いのはまあ言ってしまえば服を着込めばいいわけで、部屋でコートを着たっていいわけで、そうすれば節電になるのだから我慢しよう、という気が少しでもあるから迷っている。

でも十一月になれば、なってしまえば、寒いのは当たり前なので、暖房をつけるのに後ろめたい気持ちになることもないだろう。許されるだろう。と思って、暖房をつけるのに十一月になるのを待っている。

 

ねむいので文章の推敲しない。寝る。

冷たいお茶が本当に冷たい

寒いと本当に元気がなくなる。

いや、暑くても、もっと言えばどんな過ごしやすい温度であっても元気がないときは元気がないんだけど、やっぱり寒いと元気がなくなるな。

こういう季節の変わり目にすぐ体調を崩すので気をつけなければ…と思うのに、すぐに喉を腫らす。ごめん、私の身体よ。

 

「こういう記事を一つ書いたら二十円」「アフィリエイトブログを書いたら年収何百万越えた」とかいう情報で飽和しかけてるインターネットで、ただただ純粋に自分の生活をしたためている人を見ると、それだけで手を繋ぎたい気持ちになる。

 

ベッドの利点は、布団を畳まなくて良いことだよな…。

 

寝る。